【1回無料】個人事業主のためのSNS集客コンサルティング〜美容系、健康系、婚活系、コンサル系ビジネスに多数実績あり!

知らないと損する!自然と伝わってしまう 伝え方の4ステップとは?

NO IMAGE

本日は、
朝から先ほどまで
クライアントさんとの3件の
戦略ミーティングを行なっていました。
 
 

   
最初のZoomでの戦略ミーティングでは、
 
質の高い=
お客様が来たくなる
 
個別相談会の
申し込みページ

(ランディングページ)
をつくるために
大切な軸をお伝えしました。
  
 
 
「誰が」
「誰に」
「何を」
「どのように」

伝えるのか?
  
   
 
もう少し詳しく言うと、
どんな専門家であるあなたが
どんな問題を抱えるお客様の問題解決が
できる個別相談会なのかを
 
しっかりと言語化して
ランディングページを
作成していくことが大切なのです。
  
  
 
反応率の高い
ランディングページを
持っていない起業家は、
  
集客に
いつも困り続けることに
なってしまうので、
   
もしあなたが、
集客に困らない
お客様に選ばれる起業家に
なりたい、
 
としたら、
反応率の良い
ランディングページ
を持つことをオススメします!
  
 

  
  
2件目のZoomでの
戦略ミーティングでは、
 
 
集客に欠かせない
Facebookを

どうやって使えば
集客につなげることが

できるのか?
 
について徹底ディスカッションを
しました。
  
  

Facebookを集客につなげるためには、
まずあなたの投稿が
人に読んでもらえる投稿になること
が大切なのです。

 
facebook投稿でも
ランディングページと同じく
 
考えるべきは
「誰が」
「誰に」
「何を」
「どのように」
なのです。
 
 
このFacebook投稿では、
 
どんな自分が、
どんな人に向けて、
どんな内容を
どのように伝えるのか、
 
それをしっかりと
考えた上で、 
伝わる構造で
Facebook投稿を書いていくことで
伝わるFacebook投稿になるのです。
 
  

 
そして、
本日最後の戦略ミーティングでは、
 
個別相談や個別体験会などで、
 
人と実際に
お会いする際に、
 
どうしたら
あなたが専門家として、
信頼を獲得できるのか、
 
についてお伝えしました!
 
  
ここでも大切なのは、
「誰が」
「誰に」
「何を」
「どのように」
を考えることです。
 
 
例えば、
異業種交流会で初めて会う際と、
 
相手があなたの
個別相談に申し込んできて、
個別相談会でお会いする際と、
 
どんなあなたなのか?
どんな問題を抱える方なのか?
も違ってくるでしょう。
 
  
 
そして、
初めてお会いする交流会で、
「何を」「どのように」伝えるのかは、
 
個別相談会で
「何を」「どのように」伝えるのかは、
全く違ってくるでしょう。
  
 
 
この4つの軸、
「誰が」
「誰に」
「何を」
「どのように」
を人と会う際にしっかりと
考えてから会うことで、
 
その人との信頼関係を
上手に築くことができるのです。
  
 
 
1つ目のミーティングでは、
ランディングページ、
 
2つ目のミーティングでは、
Facebook、
 
3つ目のミーティングでは、
リアルで人に会う時、
 
どの場面でも、
やはり、
 
「誰が」
「誰に」
「何を」
「どのように」
 
をしっかりと考えた上で
動くことが大切なのです。
  
 
 
ぜひ、
あなたも
 
自然と伝わってしまう
伝え方の4ステップ

意識してみてくださいね!