1日30分SNSを使うだけでどんどん申し込みが入る秘策を伝授!SNS集客のはじめかた個別相談会

仕事ができる人は自分を動かす段取りをつくり、できない人は無理な段取りをつくる

仕事ができる人は自分を動かす段取りをつくり、できない人は無理な段取りをつくる

仕事ができる人と、
仕事ができない人と、
この2つを選べるとしたら、
あなたはどちらを選びますか?
  
Facebook 25.001.jpeg
 
僕ならばら間違いなく、
仕事ができる人を選びます。 
 

  
これを読んでくださっている
皆さんもきっと同じだと思います。
  

 
 
人は無理することが嫌いです。
面倒なことも当然嫌いです。
  

 
 
「できることならば、避けたい。
無理せずできるものならば、
無理せずやりきりたい。」
 
  
これは自然なことであって、
その気持ちを無理に
否定する必要はない、
と理解してください。
  

 
 
その一方で、
僕たちはシゴトを頑張りたい、
という気持ちを持っています。
  

 
 
「もっと売上をあげたい。
もっとお客様に喜んで欲しい。
もっと多くのお客様に来て欲しい。」
  

 
 
ただ、ちょっと待ってください。
 

 
 
より良い人生を送るためには、
無理してシゴトをやりきらなければ
いけないと思っていませんか?
 
 
 
「メンタルが変われば、行動も変わる。
今、頑張らなければ、明日はない。」
 
 
これは、
サッカー選手として
世界的に活躍している
長友佑都選手の言葉です。
  

 
 
やはり、自分の目指すものを
到達するためには
行動でしかありません。
 

  
 
アクションを起こさずして、
より良い人生は
手に入らないものです。
 

   
 
無理なくシゴトをやりきりたい自分と、
無理してでもシゴトを頑張りたい自分。
   

 
 
一見矛盾するような状況を
両立させるためには、
どのようにして自分を自由自在に操り、
シゴトをやりきれるのかを
考える必要があるのです。
   

 
 
「仕事ができる人」は
自分を無理に
動かすのではない
のです。
 

  
 
むしろ、
どうすれば自分が無理なく
動くことができるのかを知っています。
   

 

 
 
一方で
「仕事ができない人」というのは、
無理に自分を動かそうとして、
失敗してしまいます。
  
 

 
無理にやりきろうとすると
どうしても辛いのです。

 

  
明日までに
このシゴトを終わらせようと
思ったけど、
結局終わらなかった・・・。
  
 
このようなことを
繰り返していると、
 
  
「自分は出来ない人間なんだ」
「自分はやっぱりダメだ」
  
 
ということが
自分の中に染み付いてしまう
ようになります。
  
 

  
そうすると、
ますますやりきることが
できなくなってしまいます。
  
 
 
かつての僕がまさにそうでした。
やりきりたいのだけれども、
無理な段取りばかりつくってしまい、
  
 
結局毎日、
やりきれない自分への
反省ばかり・・・。
 
  

 
まさに、
「自分は出来ない人間なんだ。
自分はやっぱりダメなんだ。」
としか感じることが
できなかったのです。
 

  
 
僕自身も
「仕事ができない人」
以外の何者でもなかったのです。
  

 
 
しかし、
人は変わることができます。
 

  
もしあなたが
「自分は出来ない人間だ」
と感じたことがあるけれども、
   
 
今、自分を変えたい!!
と想うならば、
知っておいて欲しい事実があります。
  

  
 
無理な段取りでやりきろうと
すればするほど、
悪循環のループに
ハマっていって
しまう
ということです。

 

   
一方、
「仕事ができる人」は、
自分が無理なく動ける段取りを
持っています。
  

 
  
今すぐ、
無理な段取りを捨てて、
自分が無理なく動ける
段取りを
身につけること
に集中してみましょう!