1日30分SNSを使うだけでどんどん申し込みが入る秘策を伝授!SNS集客のはじめかた個別相談会

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」から紐解く集客に困らない起業家になるためのスタンスとは?

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」から紐解く集客に困らない起業家になるためのスタンスとは?

こんばんは!矢澤です。

昨日は時間があったので、
ドラマを一気見していました。

僕が一気見したドラマは、
イノセンス
冤罪弁護士でした。
RS=^ADB.jpg

冤罪を晴らすために
真実を追い求める弁護士の
物語でしたが、

僕は
主人公である弁護士が
愚直なまでに真実を
追求する姿に感動を覚えました。

僕たちは
お客様のお悩みを
解決するために

愚直なまでに行動をしているか?
 

自分自身のビジネスへの
スタンスについても問い直す
良い機会となりました。

あなたは愚直なまでに
お客様のお悩み解決に
向き合っていますか?

愚直なまでにお客様の
お悩み解決に向き合うことが
できていれば、

あとはそれを
Facebookでメルマガで
発信していくことさえできれば、

集客に困らない起業家と
なれるのです。

そのためには
どうしたらいいのか、
紐解いて解説しますね。

まずは、
お客様の本当に悩みが
何であるのか
愚直なまでに向き合うこと。

ここで注意すべきなのは、
お客様の表面的な悩みではなく、
本当の悩みは何か、
というところなのです。

例えば、
僕の仕事である
ビジネスコンサルティングであれば、

お客様が僕のところに
来られる一番の悩みは、

Facebookが集客につながっていない、
ことなのですが、

これは、
お客様の本当の悩みではないんですね。

Facebookから集客できないのではなく、
そもそも、
集客自体ができていない
ことが多いんです。

だから僕は必要があれば、
ビジネスの仕組みを変えたり、
ビジネスの見せ方を変えていくこと
も含めて提案を出します。

お客様は表面的な悩みを解決されても
もちろん満足はされますが、
その奥に隠れている本当の悩みを
解決して差し上げることが
できれば満足は感動に変わるんです。

そして、
そのお客様の本当の悩みを
解決するために
愚直なまでに
行動すること。

これができれば、
あなたのビジネスが上手くいく
準備が整うのです。

あとは、
ここから
お客様に来ていただける
集客動線を整えていく
だけなのです。

どんなツールを使うのか?
そのツールをどのように繋げて
いくのか?

もちろん、それは大事です。

大事なのですが、
その前にどんな発信をしていくのか、
それが一番大事なのです。

Facebookやインスタグラム、
ブログやメールマガジンは
ただのツールであって、

それを使ったからと言って
集客できるわけではないんです。

そのツールを使って
どんな情報を発信していくのか、
それが一番大事なのです。

そのツールを使って
どんな情報を発信していくのか、

それはやはり、
お客様の本当のお悩みを
解決できる方法
を発信していくことなのです。

だからこそ、
ここで意識すべきことは、

お客様の本当のお悩みを
解決できる方法を
言語化することを

愚直なまでに行うことです。

このことさえできれば、
後はあなたのお客様層に合わせて、

どんなツールを使うのか、
そのツールをどのようにつなげるのか、
を考えるだけでいいのです。

そうすれば、
あなたの集客が上手くいき、
結果的にあなたの
ビジネスも
上手くいくのです。

ぜひ、
一度ご自身のビジネスや
ビジネスのスタンスを見直して
みてくださいね。