【1回無料】個人事業主のためのSNS集客コンサルティング〜美容系、健康系、婚活系、コンサル系ビジネスに多数実績あり!

月商2000万円に到達する3つの戦略力:多事業展開

NO IMAGE
先日からお伝えしています、
 
僕がなぜ月商2000万円に
到達できたのか、
 
その理由を紐解き、
あなたのビジネスの進め方の
ヒントになればと思い、
シリーズでお送りしております。
 
 
 
月商2000万円に
なぜ到達できたのか、
考えてみたところ、
 
1、単価調整
2、集客力アップ
3、他事業展開
 
という
3つの戦略が見えてきました。
 
 
   
この3つの戦略を
スタート時点から念頭に置き、
 
ひとつひとつ実践していき、
再現できたとしたら、
 
月商8桁の売上に
到達できるのです。
 
 
 
 
今日はこの3つの戦略の中から、
3つ目の、
他事業展開
について解説しますね。
  
 
 
なぜ他事業展開が
良いのか?
と言いますと、
 
やはり
リスクを避けるためです。
 
 
 
ひとつの事業しか
行っていないと、
 
その事業が
うまくいかなくなって
しまったときに、
 
どうすることも
できなくなってしまうからです。
 
  
 
自分の営業努力が
足りないから、
うまくいかないなら、
 
自分の責任なので、
仕方ないかもしれませんが、
 
  
  
例えば、
コロナ禍のような
不可抗力で
売上が下がってしまう、
 
そんな状況になった場合、
他事業展開している方が、
リスクが分散できるのです。
  
 
 
実際、
僕の会社も5月は、
  
英会話教室運営が
コロナの影響を受け、
 
売上が
下がってしまいましたが、
  
 
逆に
経営コンサル業が
コロナの影響で、
オンライン化をしたい方が増え、
成約数が上がったのです。
  
 
 
1人社長の会社なら
まだしも、
 
もし、
社員を雇って、となると、
 
売上を落とさない、
ということは至上命題
になってくるのです。
 
  
 
 
そして、
他事業展開の良いところ
のもうひとつは、
 
売上が入ってくる
サイクルや、
売上の入り方の
違いがあるので、
 
経営が安定しやすい
というのもあります。
 
  
 
例えば、
僕の会社の3つの事業であれば、
 
経営コンサル業は、
6ヶ月55万円の
コンサルティング料を
前払いで一括でお支払いいただきます。
 
ですので、
例えば1ヶ月に
10件成約になれば、
 
その月の売上が
550万円の売上ということに
なります。
 
 
英会話教室の場合は、
毎月授業料を
その前月の末日に口座引き落とし、
という形になりますので、
 
毎月、
授業料が前払いで売上として
入ってくるという形になります。
 
 
社員寮賃貸業の場合は、
管理スタッフ、食堂で提供する
食材の手配も当社が行うため、
 
毎月月末に費用を計算し、
その分を翌月に支払っていただく、
という後払いで売上として
入ってくるという形になります。
 
   
 
ですので、
この3タイプの売上の入り方を
しているため、
 
売上が入ってこない可能性も
避けることができますし、
 
前払いで払わなければいけない
経費を捻出することができない、
という状況も避けることができるのです。
 
  
 
だからこそ、
多事業展開を僕はお勧めします。
   
 
 
しかしながら、
いきなり多事業展開は
難しいと思いますので、
 
 
まずは売上の入り方の違う
商品やサービスを持つこと
をお勧めします。
 
 
例えば、
 
前払い一括で
支払う講座やサービス
と、
月額サービスの組み合わせ、
など、
 
2つ以上の
支払いの入り方をする
商品やサービスを
持つことで、
 
売上がなくなってしまう、
であったり、
売上が激減する、
という事態を避けることが
できるようになります。
  
 
 
ぜひ、
あなたも一度
自分であれば
どんな多事業展開ができるのか、
 
もし、
まだ多事業展開が
難しいようであれば、
 
どんな支払い形態の違う
2つ以上の商品やプログラムが
できるのか、
考えてみてくださいね。